セラ ナンデス。 セラナンデス?? : ホリー・ゴライトリーな日々

ナイン・ナン

セラ ナンデス

名前で探す アルファベット順 Acanthoceras aberans A. coloradoense A. jukesbrownei A. kallesi A. laticlavium A. pseudodeverianum A. takahashii A. winotni Acompsoceras renevieri Allocrioceras annulatum A. enigma A. Matsumotoi A. nanum A. ryugasense A. tetragonum A. yamashitai Australiceras jacki Baculites chicoensis B. chicoensis yezoensis B. inornatus B. neocomiensis B. yokoyamai Barroisiceras inornatum Bochianites neocomiensis Callizoniceras Callizoniceras hoyeri C. newboldi C. orientale C. yokoyamai Cantabrigites imaii Clioscaphites montanensis Collignoniceras bravasianum Criocetatites Paracrioceras elegans C. meridionale D. damesi interdedius D. hetonaiensis Desmoceras Desmoceras kossmati Desmoceras Pseudouhligella ezoanam Desmophyllites diphylloides Diplomoceras notabile Douvilleiceras alternans D. clementinum D. orbignyi Eodouvilleiceras matsumotoi Eogaudryceras Eogaudryceras hertleini Eogunnarites alaskaensis E. hokkaidoensis E. tanakai Eomadrasites subnipponicus Epipuzosia maya Eucalycoceras pentagonum F. spheroidalis Ficheuria pusilla Forresteria Forresteria alluaudi F. muramotoi Forresteria Harleites harlei Gaudryceras Gaudryceras crassicostatum G. izumiense G. kayei G. mamiyai G. striatum G. venustum G. fountaini G. lozoi G. wooldridgei Haboroceras haboroense Hamites Hamites japonicum H. pseudogardeni Hemiptychoceras ezoanum Heteroceras Argvethites lashense Holcodiscoides pusillus Hoplites Hoplites baylei Hoploscaphites spedeni Horotateceras tatsuyai H. pacifica Hulenites reesidei H. venustum Hypophylloceras Neophylloceras bizonatum H. hetonaiense H. ramosum Hypoturrilites gravesianus Kamerunoceras shimizui K. turoniense Kitchinites haboroensis Kossmatella marut Kossmaticeras Kossmaticeras flexuosum Libycoceras awajiense L. lyelli Lytoceras siemensi Maccarthyites mikasaensis Mammites nodosoides Mantelliceras cantianum M. couloni M. falloti M. nagaoi M. saxbii Mariella Mariella dorsetensis M. lewesiensis Marshallites cumshewaensis M. hendersoni M. involutus M. rotundatus M. virgotoides Menabites Menabites mazenoti Menabonites anapadensis Menuites arrialoorensis M. decdanensis yezoensis M. pusillus M. roedereri Mesoturrilites boerssumensis Metoicoceras gourdoni Microdesmoceras tetragonum Mortoniceras Angolaites stoliczkai Mortoniceras Deiradoceras devoense Mortoniceras Mortoniceras rostratum Neoptychites cephalotus N. occidentalis N. sachalinensis N. nebrascense Nostoceras Eubostrychoceras indopacificum N. matsumotoi N. saxonicum Nostoceras Nostoceras hetonaiense Nostoceras Yezoceras miotuberculatum N. nodosum Nowakites carezi Oxytropidoceras Oxytropidoceras peruviaum Pachydesmoceras denisonianum P. mihoense Pachydiscus Neodesmoceras gracilis P. japonicus P. obsoletus P. flexuosus P. hidakaensis P. kobayashii P. sahelii P. subcompressus Parahoplites colossus Parapuzosia Austiniceras austeni P. nipponicum Parapuzosia Grandidiericeras nagaoi Paratexanites compressus P. orientalis P. pseudotricarinatum Patagiosites compressus P. laevis Peroniceras Peroniceras latum P. ninakawai P. tehamense Peroniceras Zuluiceras omorii P. wadae Pictetia astieriana Placenticeras intercalare P. obstrictum P. subundulatum P. vancouverense Prionocycloceras sigmoidale P. wrighti Prionocyclus aberrans P. cobbani Protanisoceras Protanisoceras raulinianum Protetragonites quadrisulcatus Protexanites Anatexanites fukazawai P. nomii Protexanites Miotexanites minimus Protexanites Protexanites bontantishimizui P. planatus Protokossmaticeras madagascariense Proturrilitoides astierianus Pseudhelicoceras robertianum Pseudobarroisiceras compressum P. nagaoi Pseudohaploceras liptoviense Pseudophyllites indra Pseudoxybeloceras Parasolenoceras periodicum P. soyaense P. tomitai Pseudoxybeloceras Schlueterella dentatum Puzosia Anapuzosia buenaventura Puzosia Bhimaites takahashii P. kawashitai P. yubarensis Puzosia Puzosia manasoaensis P. provincialis P. serratocarinata P. subcorbarica P. tamon Reginaites hataii Rhyoptychoceras mikasaense Romaniceras Neomphaloceras costatus R. pseudomphalum Romaniceras Obiraceras ornatum Romaniceras Romaniceras deverianum R. kallesi R. pseudodeverianum Romaniceras Shuparoceras abei R. yagii Romaniceras Yubariceras japonicum R. yubarense R. undulosum Scalarites antiques Scaphites formosus S. comprimus S. gracilis S. japonicus S. pseudoaequalis S. intermedium S. matsumotoi S. orientale Sharpeiceras falloti S. laticlavium S. mocanbiquense Solenoceras crassum S. humei S. texanum Stoliczkaia Lamnayella crotaloides S. juigneti S. sanctaecatherina S. tetragona S. yezoana Stoliczkaia Shumarinia asiatica Stoliczkaia Stoliczkaia dispar Submortoniceras Submortoniceras condamyi Subprionocyclus neptuni Subprionotropis muramotoi Tarrantoceras Sumitomoceras faustum Takahashia eureka Tegoceras camatteanum Tetragonites Tetragonites kitchini T. rectangularis T. terminus T. sanushibeensis Texanites Texanites roemeri T. soutoni Tongoboryceras kawashitai T. keramasatoshii Tragodesmoceras clypealoides Tragodesmoceroides subcostatus Uhligella clansayensis Urakawaites binodatus Vertebrites murdochi Watinoceras coloradoense Wellmanites japonicus Worthoceras pacificum Yabeiceras orientale Yeharaites kawashitai Yezoites klamathensis Y. ornatum Z. odiensis 五十音順 アカントセラス・ウィノツニ アカントセラス・ジュケスブローネイ アコンプソセラス・レネヴィエリ アナゴードリセラス・エニグマ アナゴードリセラス・テトラゴナム アナゴードリセラス・ナヌム アナゴードリセラス・マツモトイ アナゴードリセラス・ヤマシタイ アロクリオセラス・アンヌラタム ウエルマニテス・ジャポニカス ウオートセラス・ファシフィカム ウラカワイテス・バイノダータス ウリイゲラー・クランサエンシス ヴァーテブリテス・ムルドテイ エオグンナリテス・アラスカエンシス エオグンナリテス・タナカイ エオグンナリテス・ホッカイドウエンシス エオゴードリセラス(エオゴードリセラス)ヘルツレイニ エオドウヴィレイセラス・マツモトイ エオマダラシテス・サブニッポニカス エゾイテス・クラマテンシス エハライテス・カワシタイ エピプゾシア・マヤ オーストラリセラス・ジャクキ オキシトロピドセラス(オキシトロピドセラス)・ペルヴィアーム カニングトニセラス・メリディオナレ カメルノセラス・シミズイ カメルノセラス・チューロニエンゼ カリゾニセラス(カリゾニセラス)ホエリ カンタビリギテス・イマイイ キッチナイテス・ハボロエンシス キャナドセラス・ヨコヤマイ キャライコセラス(ニューボルディセラス)・オリエンタレ キャライコセラス(ニューボルディセラス)・ニューボルディ クリオスカファイテス・モンターネンシス クリオセラチテス(パラクリオセラス)・エレガンス グレイソニテス・ウルドリデゲイ グレイソニテス・フォンタイニ グレイソニテス・ロゾイ ゴードリセラス(ゴードリセラス)・イズミエンゼ ゴードリセラス(ゴードリセラス)・カエイ ゴードリセラス(ゴードリセラス)・クラスシコスタータム ゴードリセラス(ゴードリセラス)・ストリアタム ゴードリセラス(ゴードリセラス)・ベヌスタム ゴードリセラス(ゴードリセラス)・マミヤイ コスマチセラス(コスマチセラス)・フレキュオサム コスマテラ・マルツ コリンニョニセラス・ブラヴァイシーアヌム サブプリオノカイクルス・ネプチュニ サブプリオノトロピス・ムラモトイ サブモルトニセラス(サブモルトニセラス)・コンダーンイ シャーペイセラス・ファロチ シャーペイセラス・モザンビークエンゼ シャーペイセラス・ラチクラヴィアム シュードオキベロセラス(シュルエテレラ)・デンタータム シュードオキベロセラス(パラソレノセラス)・トミタイ シュードオキベロセラス(パラソレノセラス)・ペリオディカム シュードハプロセラス・リプトヴィエンゼ シュードバロイシセラス・コンプレッサム シュードバロイシセラス・ナガオイ シュードフィリテス・インドラ シュードヘリコセラス・ロベルチアヌム スカファイテス・グラシリス スカファイテス・ジャポニカス スカファイテス・フォーモサス スカラリテス・アンティクアス スキポノセラス・インターメディアム スキポノセラス・オリエンターレ スキポノセラス・マツモトイ ストリッチカイア(シュマリナイア)・アシアチカ ストリッチカイア(ストリッチカイア)・ディスパー ストリッチカイア(ランナエラー)・エゾアナ ストリッチカイア(ランナエラー)・クロタレオイデス ストリッチカイア(ランナエラー)・サンクタエカテリナエ ストリッチカイア(ランナエラー)・ジュイグネチ ストリッチカイア(ランナエラー)・テトラゴナ ゼランデイテス・オデエンシス ソレノセラス・クラッサム ソレノセラス・テキサヌム ソレノセラス・フメイ タカハシア・エウレエカ ダメシテス・ダメシ・インターメデアス ダメシテス・ヘトナイエンシス タラントセラス(スミトモセラス)・ファウスタム ディプロモセラス・ノタビリー テキサナイテス(テキサナイテス)・ソウトーニ テキサナイテス(テキサナイテス)・ロエメリ テキサナイテス(プレシオテキサナイテス)・サヌシベエンシス テゴセラス・カマツテアナム デスモセラス(シュードウリイゲラー)・エゾアナム デスモセラス(デスモセラス)・コスマチイ デスモフィリーテス・ヂフィロイデス テトラゴニテス(テトラゴニテス)・キッチニ テトラゴニテス(テトラゴニテス)・ターミナス テトラゴニテス(テトラゴニテス)・レクトアンギュラリス ドウヴィレイセラス・アルテーナンス ドウヴィレイセラス・オルビグニ ドウヴィレイセラス・クレメンチナム トラゴデスモセラス・クリペアロイデス トラゴデスモセロイデス・サブコスタータス トンゴボリーセラス・カワシタイ トンゴボリーセラス・ケラマサトシイ ニッポニテス・オキシデンタリス ニッポニテス・サハリネンシス ネオプチテス・セファロタス ノストセラス(エゾセラス)・ノドサム ノストセラス(エゾセラス)・ミオツバーキュラータム ノストセラス(ディディモセラス)・ネブラセンゼ ノストセラス(ノストセラス)・ヘトナイエンゼ ノストセラス(ユーボストリコセラス)・インドパシフィカム ノストセラス(ユーボストリコセラス)・サクソニカム ノストセラス(ユーボストリコセラス)・マツモトイ ノワキテス・カレジ ハーレニテス・リーサイデイ ハイハントセラス・ヴェヌスタム ハイポツリリテス・グラヴェシアヌス ハイポツリリテス・コモタイ ハイポフィロセラス(ネオフィロセラス)・ビゾナタム ハイポフィロセラス(ネオフィロセラス)・ヘトナイエンゼ ハイポフィロセラス(ネオフィロセラス)・ラモサム ハウエリセラス・シュードガーデニ パキデスカス(ネオデスモセラス)・オブソレタス パキデスカス(ネオデスモセラス)・グラシリス パキデスカス(ネオデスモセラス)・ジャポニカス パキデスカス(パキデスカス)・コバヤシイ パキデスカス(パキデスカス)・サブコンプレッサス パキデスカス(パキデスカス)・サヘキイ パキデスカス(パキデスカス)・ヒダカエンシス パキデスカス(パキデスカス)・フレキュオサス パキデスモセラス・デニソニアナム パキデスモセラス・ミホエンゼ バキュリテス・イノルナタス バキュリテス・チコエンシス バキュリテス・チコエンシス・エゾエンシス バキュリテス・ヨコヤマイ パタギオシテス・コンプレッサス パタギオシテス・ラエヴィス ハボロセラス・ハボロエンゼ ハミテス(ハミテス)・ジャポニカム パラテキサナイテス・オリエンターリス パラテキサナイテス・コンプレッサス パラテキサナイテス・シュードツリカリナタム パラプゾシア(グランデイデイエリセラス)・ナガオイ パラプゾシア(オスチニセラス)・オスチニ パラプゾシア(オスチニセラス)・ニッポニカム パラホプリテス・コロッサス バロイシセラス・インオーナータム バロイシセラス・オニラヒエンセ バロイシセラス・ミニマム ピクテチア・アステイエリアナ ファゲシア・スフェロイダリス フィシェウリア・プシラー フォーステリア(ハーレイテス)・ハーレイ フォーステリア(フォーステリア)・アルアウディ フォーステリア(フォーステリア)・ムラモトイ プゾシア(アナプゾシア)・ブエナヴェンタラ プゾシア(ビヒマイテス)・タカハシイ プゾシア(プゾシア)・サブコルバリカ プゾシア(プゾシア)・セレラトカリナタ プゾシア(プゾシア)・タモン プゾシア(プゾシア)・プロヴィンシアリス プゾシア(プゾシア)・マナソアエンシス プゾシア(メソプゾシア)・カワシタイ プゾシア(メソプゾシア)・ユーバレエンシス プラセンチセラス・インターカラレ プリオノカイクルス・アベラーンス プリオノカイクルス・コバニ プリオノカイクロセラス・シグモイダレ プリオノカイクロセラス・ライティ プロタニソセラス(プロタニソセラス)・ラーリニアナム プロツリリトイデス・アスチエリアヌス プロテキサナイテス(アナテキサナイテス)・ノミイ プロテキサナイテス(アナテキサナイテス)・フカザワイ プロテキサナイテス(プロテキサナイテス)・プラーナタス プロテキサナイテス(プロテキサナイテス)・ボンタンチ・シミズイ プロテキサナイツ(ミオテキサナイテス)・ミニムス プロテトラゴニテス・コードリスルカータス プロトコスマチセラス・マダガスカリエンゼ ヘテロセラス(アルグヴェチテス)・ラセンセ ヘミプティコセラス・エゾアナム ペロニセラス(ズルイセラス)・オーモリイ ペロニセラス(ズルイセラス)・ワダエ ペロニセラス(ペロニセラス)・セハメンセ ペロニセラス(ペロニセラス)・ニナカワイ ペロニセラス(ペロニセラス)・ラータム ホウルキュア・パシフィカ ボチアナイテス・ネオコミエンシス ホプリテス(ホプリテス)・バイレイ ホプリトプラセンチセラス・モンジュ ホプロスカファイテス・スペデエニ ポリプチコセラス(ポリプチコセラス)・バンクーバーエンゼ ポリプチコセラス(ポリプチコセラス)・オブストリクタム ポリプチコセラス(ポリプチコセラス)・サブアンデュラータム ホルコディスコイデス・プシルス ホロタテセラス・タツヤイ マーシャライテス・インヴォルタス マーシャライテス・ヴァーガートイデス マーシャライテス・カムシュワエンシス マーシャライテス・ヘンダーソニ マーシャライテス・ロツンダータス マッカーシーテス・ミカサエンシス マリエラ(マリエラ)・ドーセテンシス マリエラ(マリエラ)・レウシエンシス マンテリセラス・ナガオイ マンテリセラス・カンチアナム マンテリセラス・コウロニ マンテリセラス・サクスビイ マンテリセラス・ナガオイ マンミテス・ノドソイデス ミクロデスモセラス・テトラゴナム メソツリリテス・ボエルスーメンシス メトイコセラス・ゴウルドニ メナビテス(メナビテス)・マゼノティ メナボニテス・アナパデエンシス メヌイテス・アリアロオレンシス メヌイテス・デカネンシス・エゾエンシス メヌイテス・プシルス メヌイテス・ロエデレエリ モルトニセラス(アンゴライテス)・ストリッカイ モルトニセラス(デイラドセラス)・デヴォネンゼ モルトニセラス(モルトニセラス)・ロストラータム ヤベイセラス・オリエンターレ ユーキャライコセラス・ペンタゴナム ヨコヤマオセラス・オルタナム ライエリセラス・ライエリ ライオプチコセラス・ミカサエンゼ リトセラス・シエメンシ リビィコセラス・アワジエンゼ レギナイテス・ハタイ ローマニセラス(オビラセラス)・オーナータム ローマニセラス(シュウパロセラス)・アベイ ローマニセラス(シュウパロセラス)・ヤギイ ローマニセラス(ネオンファロセラス)・コスタータス ローマニセラス(ネオンファロセラス)・シュードンファルム ローマニセラス(ユーバリセラス)ジャポニカム ローマニセラス(ユーバリセラス)・ユーバレンゼ ローマニセラス(ローマニセラス)・カレシ ローマニセラス(ローマニセラス)・シュードデヴェリアヌム ローマニセラス(ローマニセラス)・デェヴェリアヌム ワチノセラス・コロラドエンゼ.

次の

ミラー=フェルデナンデス

セラ ナンデス

出身のナンは、ソロスーブ社がと協力関係を結んだ後、反乱軍に協力するようになった。 直後の、ナンはの友人の救援要請に応え、サラストからのグループを運び出す役目を引き受けた。 によるを生き延びたオルデラニアン難民は、の標的になっていたのである。 ナンはその後もヴァーレインや・のを援助し、ではに捕まりかけていたレイアの窮地を救った。 、ナンはに備えて集結中のから帝国の注意を逸らすため、レイアが立案したに参加した。 陽動作戦を成功させた後、ナンはへ向かう艦隊に加わり、<>に乗り込んでの副操縦士を務めた。 エンドアの戦いのさなか、ナンとカルリジアンの乗るは森のの上空で建造中のへ突入する。 <ミレニアム・ファルコン>はのを攻撃し、帝国のの破壊に貢献した。 エンドアの戦いは反乱軍の大勝に終わり、銀河帝国はこの戦いでを失った。 その後、ナンは<>に乗って惑星の防衛戦に参加し、帝国のを妨害した。 やがてナンはレイアが設立したレジスタンスの一員となり、に乗り込んでとのに参加した。 レジスタンスはこの戦いで勝利を収め、ナンは無事にのへ生還する。 その直後ナンは<>でディカーから撤退し、ではの一員としてを操縦し、への攻撃を試みた。 ナンはこの戦いを生き延び、他の仲間とともに<ファルコン>でから脱出した。 「ナイン・ナン。 あなたが帝国の警戒網をくぐって船団をサラストの軌道まで先導してくれたお陰で、多くのオルデラニアンと合流できたわ。 その勇気を讃える式典を開く余裕もないけれど、せめて感謝を形にさせてちょうだい。 当時、レイアやヴァーレインのであるオルデランは帝国のによってされたばかりだったが、すでに帝国によって、オルデラニアンの生存者狩りが開始されていたのである。 一方、率いる帝国軍は、プリンセスがサラストにいることを知って部隊を地上へ差し向けた。 レイアたちが帝国軍を撃退した後、ナンは帝国の警戒網を破ってオルデラニアンの船団をサラストへ先導し、彼らの脱出を実現させた。 <メルクローラー>をヨット<>とドッキングさせた後、ナンはヴァーレインとの再会を喜び、密輸品の武器をレイアに提供した。 プリンセスはせめてもの感謝のしるしとして、義母の物だったをこのサラスタンの密輸業者に贈った。 その後、レイアはオルデラニアンのを救出するため、の惑星でドリード中佐と取り引きをした。 ナンとのが乗る<メルクローラー>は、スカラドーシュに配備された ヴェンク艦長 指揮下のの目を盗んで地上に到着し、ドリードに捕まったオーガナを解放した。 オーガナとヴァーレインが全てのを始末した後、ナンは急いで<メルクローラー>を発進させた。 ナイン・ナンの<メルクローラー> ドリード戦死の報せを受けたインペリアル級艦は、<メルクローラー>の迎撃態勢に入った。 ナンはデコイを発射してスター・デストロイヤーに撃墜させ、<メルクローラー>が破壊されたかのように見せかけた。 その後、ナンはオルデラン難民が続々と集まっている惑星に針路をとった。 間もなく、帝国軍はオルデラン難民を一網打尽にするためエスピリオンを襲撃した。 オルデラニアンと混血の民衆はオーガナの演説を聞いて一致団結し、インペリアル級スター・デストロイヤーやを撃退した。 その後、エスピリオン上空の宇宙船内で祝勝の宴が開かれ、ナンもヴァーレインと共に勝利を喜んだ。 サラストの戦い 、ナンは反乱同盟の任務で故郷サラストへ戻り、を率いて、の町でのメンバーに物資を届けるのを手伝った。 それから間もなく、帝国軍と同盟軍(トワイライト中隊)のあいだにが勃発し、同盟軍はの工場を制圧することに成功した。 トワイライト中隊がの次の標的へ向かおうとした際、彼らの<>が撃墜されてしまい、護衛艦の<>は逃走を余儀なくされた。 トワイライト中隊はサラストで足止めを食らうことになり、隊長のはナンとサラスタン・レジスタンスを見つけるためピニヤムを訪れた。 ナンはストームトルーパーに襲われて拘束されたナミアとその部下たちを救出し、サラスタン・レジスタンスの隠れ家へ誘導する。 しかし、ナンはナミアが求める援助を提供することができなかった。 間もなく、トワイライト中隊と<プロミス>に止めを刺すため、インペリアル級スター・デストロイヤー<>が姿を現した。 空と地上で戦いが巻き起こり、<ヘラルド>は内部の破壊工作によって撤退を強いられた。 ナンはイニュシュ・トアで減少した地上部隊を補うため、サラスタン・レジスタンスとコバルト労働者を結束させ、ピニヤム奪還のために戦った。 彼らの努力はサラストの惑星規模反乱に繋がり、同盟軍による制圧を実現させた。 の後、ナンはレイア・オーガナを<メルクローラー>に乗せ惑星へ届けるよう命じられた。 ザスティガ到着後、ナンはパイロットのやと偵察戦術について話し合った。 一方、オーガナは同盟軍の上層部にを提案し、ナンをチームのメンバーに指名した。 これはに向けて準備中のから帝国軍の注意を逸らすために立案された、リスクの高い陽動作戦だった。 ナンはオーガナ、、、を<メルクローラー>に乗せ、の惑星に到着した。 で情報を集めた後、他のメンバーはを設置するため山を目指し、ナンは<メルクローラー>で待機した。 ナンは帝国軍の調査活動に時間をとられ、極寒の地表にいる仲間を迎えに行くのが遅れた。 オーガナのチームは次の目的地に到着し、<メルクローラー>を島付近に着陸させた。 ナンは観光客に変装した仲間たちの姿を面白がり、を撮影してに送ろうとしたが、皆に叱られた。 <メルクローラー>で待機していたナンは、任務遂行中の仲間たちに帝国軍の到着を警告した。 <>のは、ハイパー=トランシーバーの信号をキャッチし、オーガナのチームを執拗に追っていた。 他のメンバーと合流した後、ナンは惑星に針路をとった。 ジャレシュに到着後、仲間たちの任務遂行を待つ間、ナンは個人的なビジネスのために地元の商人と取り引きした。 オーガナたちが戻って来た時、<メルクローラー>の貨物室はの濃縮肥料の樽でいっぱいになっていた。 ジャレシュから離陸した直後、ナンの宇宙船は惑星の影に隠れていた<シールドメイデン>に待ち伏せされた。 ナンはスター・デストロイヤーのに捕捉されないようジグザグに飛行し、偶然通りかかった大型に隠れてハイパースペース・ジャンプした。 その後、オーガナはチーム全員を集め、この先はミッションから降りても構わないと告げた。 ナンは自分が降りたら船が無くなると冗談を言い、他のメンバーも任務継続を決めた。 ナンは惑星に船を飛ばした。 間もなく、ハイパー=トランシーバーの呼びかけに応じた宇宙船がガラーンのに集まり始めたが、オーガナが帝国軍の危険を説明している最中に、<シールドメイデン>がハイパースペースから姿を現した。 オーガナはトラクター・ビームに捕捉された<メルクローラー>を自爆させようとしてナンを驚かせたが、ロクマルカが彼女を止めた。 <シールドメイデン>の監房に連行された後、ロクマルカは自らを犠牲にして体内に仕込んだ爆弾を起動し、スター・デストロイヤーの機能を停止させた。 ナンたちはその隙に脱出を試みたが、格納庫でストームトルーパーに見つかり、急いでに乗り込んだ。 アントロットだけは<メルクローラー>に駆け込み、を使った自爆で格納庫に脱出口を開けた。 ナンの操縦するシャトルはコルヴァ宙域の反乱軍支援者の助けを借りて帝国軍から逃げ切った。 エンドアの戦い 「心配するなって。 友人たちが行ってるんだ。 反乱同盟軍のになっていたランド・カルリジアンは、<>の副操縦士に旧友のナンを指名した。 同盟軍は上空で建造中のに直接攻撃を仕掛けるため、のがあるエンドアの森に将軍の部隊を派遣した。 率いる同盟軍艦隊は、地上部隊の作戦が成功した頃ににジャンプし、を失ったデス・スターに奇襲を仕掛ける予定でいた。 <ファルコン>のコックピットに乗るナンとカルリジアン しかし同盟軍艦隊がエンドア星系に到着した時、デス・スターのシールドはまだ消えていなかった。 それだけでなく、<>に率いられた帝国軍艦隊が同盟軍を待ち受けていた。 そのものがによって仕組まれた罠だったのである。 同盟軍艦隊は地上部隊の活躍に望みを託し、TIEファイターやスター・デストロイヤーと交戦した。 既に完成していたデス・スターの砲が同盟軍を苦しめたが、ひとたびシールドが消失すると、<ミレニアム・ファルコン>と数機のスターファイターがバトル・ステーションの内部に突入した。 最終的に<ミレニアム・ファルコン>とのがに達し、デス・スターに致命的な一撃を与えた。 ナンとカルリジアンは間一髪のところで爆発するバトル・ステーションから脱出し、仲間たちのもとへ戻った。 銀河帝国はエンドアの戦いで超兵器と皇帝パルパティーンを失う大敗北を喫した。 戦いが終わった後、ナンやカルリジアンはエンドアので開かれたパーティに参加し、原住民のやソロの部隊と共に勝利を祝った。 この戦いの後、ナンは武勲を認められて反乱同盟から勲章を授与される。 エンドアの戦いの20日後、の<>が皇帝の故郷である惑星をした。 この時、レイア・オーガナとが創設に向けた交渉のためナブーを訪れていた。 彼女たちは女王と共にに乗り込み、帝国が配備したの破壊を試みた。 同盟軍は急遽ナブーに増援を送り、ナンとカルリジアンは新しいヨット<>で出撃した。 レイアたちは援軍の到着でピンチを切り抜け、ナブーはシンダー作戦から防衛された。 レジスタンス ベテランのパイロット 「みなさん、今夜はここに来てくれてありがとう。 彼女は、ナイン・ナンや、といった銀河内戦当時の旧友や、新しい世代の同志たちを惑星の内の格納庫に集め、レジスタンスの設立を宣言した。 レイアはこの新勢力を率いる将軍となり 、ナンは自身が何十年も積み重ねてきた経験と、衰えを知らない良心を、旧友が掲げる大義に捧げることとなった。 の一員になったナイン・ナンは、に乗り込み、帝国の残党から生まれたとの戦いに身を投じた。 、のがファースト・オーダーとの戦いで戦死した後、ナンは惑星ので行われたに参加した。 その直後、ナイン・ナンはディカーの司令センターで行われた対策会議に参加した。 ナンを含む大勢の人員が見守る中、が持ち帰ったデータが中央のに映し出され、スターキラー基地の全貌が明らかになった。 会議の結果、レジスタンスはの脱走兵が提供した情報をもとに、スターキラー基地のを標的に定めたを立案した。 ダメロンが両中隊に作戦の開始を告げたとき、ナンはサラスティーズ語で彼に返事し、スターキラー基地の軌道へハイパースペース・ジャンプした。 彼らはすぐに大気圏内へ突入し、サーマル・オシレーターに攻撃を放った。 ナンもXウイングの全兵器を撃ちまくったが 、サーマル・オシレーターはびくともしなかった。 スターキラー基地はディカーを攻撃するために次の砲撃の充填を進めており、ダメロンは超兵器のエネルギー源である太陽の光が尽きるまでは、自分たちに勝機が残されていると隊員たちに呼びかけた。 スターキラー基地の戦いでXウイング・スターファイターに乗り込むナイン・ナン その直後、将軍の命令で出撃したのがXウイングに襲いかかった。 レジスタンスの戦闘機は、TIEファイターと対空砲台の攻撃で次々と数を減らしていった。 しかし地上にいるチューバッカがを起爆してサーマル・オシレーターに亀裂を生じさせ、スターファイター部隊に新たなチャンスを作った。 ダメロンは生き残っている隊員に外部からの攻撃を呼びかけた後、自ら亀裂に突入し、オシレーターの内部を直接攻撃した。 この攻撃はスターキラー基地にとって致命傷となり、間もなく惑星全体の崩壊が始まった。 作戦成功を知らされたレイアは、すぐに戦場から退却するよう指示したが、ダメロンは<ファルコン>の友人たちを置いてくことはできないと反論し、ナンやウェクスリーも同意の声を上げた。 スターキラー基地が爆発する直前、彼らは無事に<ファルコン>と合流し、ディカーへの生還を果たした。 ナンを始めとする生存者たちは、レジスタンス基地のハンガーで仲間に出迎えられ、勝利を喜びあった。 その直後、レジスタンスは隠遁中の・の居場所を示すを完成させた。 レジスタンスに加わったばかりのが、惑星にいるルークに会うため、チューバッカやR2-D2とともにディカーから出発したとき、ナンは大勢の仲間たちの最前列に立ち、離陸する<ファルコン>を見送った。 ディカーからの撤退 「戦闘に戻らねばなりません。 ナイン・ナンもアクバー提督やイーマットといったベテラン兵士たちと一緒に葬儀に参加し、ハンの妻であるレイアのスピーチを聞いた。 レジスタンスはファースト・オーダーの報復攻撃を恐れてすぐにディカーからのを開始し、基地の人員は軌道に駆けつけたのに移動した。 ナンもレイアの旗艦である<>に乗り込んだ。 レジスタンスは、ハックス将軍率いるがディカー軌道に出現した直後に撤退を完了させ、からハイパースペースへ逃げ込んだ。 しかしファースト・オーダーは<>に搭載されたでレジスタンスのを特定し、執拗にを続けた。 が<ラダス>のブリッジを攻撃したとき、レジスタンスはレイアを除くのメンバーを全員失ったが 、ナンはブリッジにいなかった ため九死に一生を得た。 その後、ナンは<ラダス>の緊急用ブリッジで開かれたミーティングに参加し、中佐から自軍の状況について説明を受けた。 またダーシーは、負傷したレイアに代わって<>のが艦隊の指揮官になることを一同に告げた。 クレイトの戦い 「よし、聞いてくれ。 この錆びたバケツは気に入らないし、どうも分が悪そうだ。 ナンはレイアやダメロンらとともに、とが操縦する輸送艇に乗り込んだ。 彼らの作戦はファースト・オーダーに気づかれ、多数の輸送艇がクレイトへの降下中に撃墜されたが、<ラダス>に留まったホルドが自らを犠牲にして<スプレマシー>へ特攻を仕掛け、この巨大軍艦を道連れにしてレジスタンスの希望を守った。 撃墜を免れた輸送艇は、かつて反乱軍が使用したクレイトのにたどりついた。 ファースト・オーダーは、レジスタンスが立てこもっている基地のを破壊するため、をクレイトの地表に降ろした。 レジスタンスは、レイアが発信したメッセージを受け取った誰かが助けにきてくれることを期待し、それまでは前哨基地にある兵器で籠城を決め込むことにした。 ナンを含む 13名のレジスタンス・パイロットは、前哨基地に残っていた古いに乗り込み、キャノンの破壊を試みることになった。 個性と特徴• "In Princess Leia 5, who is that battle-scarred guy who commands the Star Destroyer? " "The script called him Captain Venk"• 主な人物 - - - - - - - - - - - ナイン・ナン - - - - 組織 - - - - - : - - - - - - - : - - 主な乗り物 - - - - - - - - - 活動拠点 - <> - - - その他 -.

次の

瀬戸内海に浮かぶ大崎上島!8/27(日)道の駅世羅でフェア開催 日本国内/しまなみ海道・広島特派員ブログ

セラ ナンデス

(ははが勝手にピックアップ) 売るほどたっぷり時間があるははは、同じく暇なちちと最近よく、お花見に出かける。 広島市内から日帰りできる公園などがその候補だ。 最近メモするのを忘れることが多くなったので、思い出せたところだけでも、自分用のメモに一覧を作っておこうと思う。 そうそう、大分県の「くじゅう花公園」にもよく行くけど、県外も含めて、少しずつ追加しようと思っている( 2014年 4月 4日記載)。 分かったところから少しずつ、来年のイベント情報への更新を始めました。 筒賀のイチョウ (山県郡安芸太田町筒賀大歳神社境内・筒賀中学校前) (県内第 2位のイチョウの巨樹。 推定樹齢 1100年、樹高 48m、根回り周囲 10. 6m) 迦具神社の大イチョウ (三次市作木町香淀 460) (県内第 3位のイチョウの巨樹で、扇状とラッパ状の葉をつける。 樹齢約 600年、樹高 32m、根回り周囲 17. 0m) 筒賀の大歳神社の大イチョウの見頃から、 10日から 2週間遅れで見頃になるらしい。 25・ 26日くらいまで見頃とか。 吉水園のモリアオガエル (山県郡安芸太田町上殿 632-2) ( 6月に、 2週にわたる土・日の 4日間一般公開。 11月の紅葉の時期にも一般公開される。 52m) 佐々部のカキノキ (安芸高田市高宮町佐々部野部地区) (推定樹齢約 260年、樹高約 12m、胸高幹囲 2. 32m) 唯称庵跡のカエデ林 (安芸高田市甲田町上甲立) 目通り幹囲 0. 3〜 3. 3m、樹高 7〜 20mのカエデ(イロハモミジ、ヤマモミジ)約 40本が見事なカエデ林を形成している。 来年春にお目見え予定。 そう言えば、「星の王子様」にでていたよね。 随時更新される「植物公園花ごよみ」でご確認ください。 たくさんのイベントが、毎週のように開催されています。 お出かけ前には「イベント情報」の確認もお忘れなく。

次の