ヨハネの黙示録 蝗害。 ヨハネの黙示録

アバドン (あばどん)とは【ピクシブ百科事典】

ヨハネの黙示録 蝗害

アバドン【Abaddon】とは、『』の 「」に記されるの一種である。 (そして、第五の天使がラッパを吹いた。 すると、私は天から一つの星が地上に落ちたのを見た。 そしてその星に、底なしの深淵の穴を開いた。 すると、大きな竈から出る煙のような煙がその穴から立ちのぼった。 その姿自体は不明であるが、彼が天使のラッパによって召喚された際に率いる奇怪なから "蝗の王"と呼ばれることもある。 またの主ともされ、神に背いたやに封じられたを千年の間封じ見張る、まがりなりにも神の御使い、である。 (それから、その煙の中からいなごが地上に飛び出た。 それらのいなごには、地上のさそりが持っている力と同じような〔人を刺す〕力が与えられた。 その飛び回る様相は"を轢く"に例えられ、おびただしい数の群れで襲来するという。 尾に付いた毒針の毒は人を殺すことはないが、死をも上回る激痛を 5ヶ月ものあいだ人に与えて苦しめる(イナゴの命が5か月であることからの連想とされる。 ただし、彼らが刺すのはキリスト教徒以外の 異教徒だけであり、さらに言えば彼らは決して人を殺すことをから許されていないという。 ( 黄泉〔シェオール〕と 奈落〔アバドーン〕は、ヤハウェの前にある。 実際による虫害 は凄まじく、 1万の大群で4000kmを移動し、広大な田園を七日も経たずに食い潰すという。 また繊維製のものならば何でも食うため、北海道の開拓期には 衣服さえ齧られてボロボロになったといった記録が残っている。 創作での扱い 十六世紀の学者ハインリヒ・コルネリウス・アグリッパがアバドンを復讐の女神を統率する悪魔と明記するなど、悪魔としてのアバドン像は時代が降るごとに輪郭を強くしていった。 特にジョン・バニヤンの「天路歴程」ではアポルオンの名で主人公クリスチャンと戦う悪霊として登場している。 その正体が不明なことから、存在が類似するをモデルとして イナゴ型の悪魔 として描かれることが多い。 シリーズ の『 』シリーズでは、 不気味な緑色の悪魔として登場する。 『』では中ボス「怪獣」として登場していたが、「アバドン」名義での初出は『』である。 このときの種族はであったが、以後の作品ではに属していることが多い。 『』においては「大アバドン」なる概念も語られた。 シリーズでは塔アルカナに分類されている。 (ファンがキャラクターの一人のことをこう呼ぶことも…) 『』に登場した時は、センターの「天使に戻してやる」という誘いに乗り、街ひとつをまるごと呑み込むという暴挙に出る。 主人公たちはダンジョンと化したアバドンの体内に乗り込んでいくのだが、ここでは親しいNPCとの死別や主人公の出生にまつわる事実が明かされるといった重大なイベントが発生する。 『』では、舞台となる仮想空間「イデアスペース」に蓄積された欲望に惹かれて現れる。 ここのイベントはをしたアバドンの内部にハッキングで侵入するという、真IIのオマージュを思わせるものとなっている。 漫画版における。 「サウザンドスピリッツ団」のNo. 4を倒し、新たなNo. 4となった謎のカードバトラー。 スマイルの名の通り「ケケケ」と不気味な笑いが特徴で、バトルにおいても人を喰ったような態度をとる等、腹の奥底が全く読めない。 系統【天霊】を軸とした黄属性デッキの使い手 本人曰く、「 」 で、切り札は『 大天使ミカファール』と『 魔龍帝ジークフリード』。 データ上では年齢や性別、国籍、家族構成等が一切不明となっていたが、その正体は、「 第5のラッパが呼びし 深淵の王アバドン」。 世界に絶望したNo. を得意としており、当時の 全世界67億9121万人と同じ数の分身を出現させバトルを展開、世界をに陥れようとした。 とのバトルにおいて、『大天使ミカファール』や【天霊】スピリットを駆使し、終盤に『魔龍帝ジークフリード』を召喚して優勢に立つ。 しかし、仲間や全世界の人々、正気を取り戻したNo. 9の応援を受け取ったバシンに逆転負けし、『魔龍帝ジークフリード』と共に消滅した。 「奏でよう、レクイエムを」 コナミのゲームシリーズ『悪魔城ドラキュラ 』に登場。 CV: 疫病を齎すイナゴ達の主にして、深淵の魔王。 エリア『深淵』を守護しているボスキャラクター。 見た目は青年風の上半身に飛蝗の下半身を持った指揮者のような姿をしており、普段はピョンピョンと飛び跳ねながら、手にしたタクトを振るいイナゴの群れを呼び出して攻撃する。 「フォルティッシモ!」 次回作『悪魔城ドラキュラ 』にもゲスト出演。 ただ他のゲストボス達と同じく何度でも戦える仕様なので特別感は余りない。 一応イナゴの群れを操る時の台詞パターンが増えた他、CVが変更されているためその印象はまるで違う。 なんか雑魚っぽくなったような・・・。

次の

【ゼロワン考察】聖書(ヨハネの黙示録・十の災い・七つの大罪など)から考えてみた【神話だって1000%社長も言ってた!】|ルチカ|note

ヨハネの黙示録 蝗害

南アジアで農作物に甚大な被害をもたらした大量のサバクトビバッタが中国に到達する可能性が高まった。 中国国家林業草原局は2月27日、緊急通知を発表し、各部門に蝗害(こうがい)拡大防止体制を整備するよう求めた。 国家林業草原局は同日、ウェブサイトに掲載した緊急通知で、中国は、東アフリカで発生しインドやパキスタンに広まったサバクトビバッタの大群の「進入リスクにさらされている」と警告した。 通知は、サバクトビバッタが「いったん中国に襲来すれば、(生態)法則不明や監視・観測技術の不足、防止・コントロール困難などの不確実性に直面するだろう」とした。 各関連部門に対して、蝗害拡大防止対策の重要性を認識し、国内外の蝗害に関する情報をタイムリーに把握するよう要求した。 国家林業草原局は、国連食糧農業機関(FAO)の発表を引用し、サバクトビバッタの数は今年6月までに現在の500倍に急増する恐れがあると強調した。 また、緊急通知によると、国内専門家は、気候の条件によっては、バッタの大群が3つのルートから中国に入ると予測した。 1つ目はインドやパキスタンを経由しチベットに進入するルートだ。 2つ目はミャンマーから雲南省へのルートと、3つ目はカザフスタンから新疆ウイグル自治区に入るルートだという。 当局は蝗害拡大防止の国家指揮チームと対策専門家チームを設立した。 net 地球は中国人を嫌ってると思う。 46 ID:UNytYVMa0. net アヒル隊はどうした? net 実はバッタはメチャクチャ旨いって言えばあっという間にバッタが駆逐される。 net 面白いな。 26 ID:hUREY6tM0. net 黄色い布の用意はいいか?ヒャッハー.

次の

黙示録とは何か?

ヨハネの黙示録 蝗害

どうも無神論者です。 さきほどヨハネの黙示録を読み返しましたが、やっぱり終わセラではオリジナルを混ぜてますね。 優は第二セラフ、未来は第五セラフのようです。 塩の王という表現は黙示録では出てきません。 ここで思い浮かぶのが旧約聖書のロトの話:ソドムとゴモラです。 ロトが、やってはいけないって創造主に言われたのに、後ろ振り返っちゃって、奥さんが塩の柱になるって話です。 で、滅びの悪魔ってのはアバドンです。 暮人が言ってましたね。 これは日本語に訳すと、深淵とか奈落とかいう意味だそうです。 第五天使はラッパを吹いてアバドンと言う奈落を作ったそうです。 未来がラッパ吹いたらあたりが暗くなったのは、この深淵に由来すると思われます。 また、アバドンは蝗害(こうがい)つうバッタによる食害を神格化したものらしいので、これに由来して、滅びの悪魔からでてきたヨハネの四騎士っぽいのが帝鬼軍兵士や吸血鬼を食ったんだと思います。 というわけで、黙示録の内容を多少アレンジしてるようです。 ところで、未来は現実世界でラッパを吹いたのに、優は阿朱羅丸のいる心象世界でラッパ吹いてたということが気になったのは僕だけでしょうか?.

次の