ポケモン 主題歌。 TVアニメ「ポケットモンスター(2019年新シリーズ)」主題歌情報まとめ

【音楽解説】『名探偵ピカチュウ』で流れた曲まとめ【音楽・主題歌・エンディング曲は?】VG+ (バゴプラ)

ポケモン 主題歌

あらすじ 幻のポケモン・ミュウの体の一部の化石を元に、ロケット団により戦闘能力などを強化され人工的に作られたポケモン・ミュウツーは、その不純な生立ちから自身の存在意義を見出せずに答えなき自問自答に苦しんでいた。 やがてミュウツーは自分を造ったロケット団を裏切ったことをきっかけに、ポケモンを統制するシステムへの反発や自分を利用するためだけに作り出した人間たちへの憎しみから人類に対する「逆襲」を企てる。 一方、旅を続けるサトシ達の前に、一通の招待状を携えたカイリューが現れた。 招待状は謎の女性の姿を映し出し、優秀なトレーナーたちをポケモン城へ招待したいと説明する。 サトシはすぐさまポケモン城へ向かうことを決め、招待状のYESの欄にチェックを入れる。 突然嵐で荒れた海を渡り、ポケモン城へたどり着いたサトシ達は、そこで同じく招待状によって招かれた三人のトレーナーと出会った。 だが、サトシ達が受け取った招待状は、ミュウツーが計画する罠「人間たちへの逆襲」の始まりでしかなかった。 サトシを初めとするトレーナー達は強大な力を持つミュウツーや彼が作り出したコピーポケモンの前に歯が立たず、より強いコピーポケモンを作ろうとするミュウツーに手持ちのポケモンを奪われてしまう。 一方その頃、サトシを追ってポケモン城にやってきたムサシ・コジロウ・ニャースは、城の地下に広がるコピーポケモンの製造所に迷い込み、そこでコピーポケモン達が作られる過程を目の当たりにし、幻のポケモン、ミュウの存在を知る。 ミュウツーに捕まったポケモン達はサトシによって解放され、人間への復讐のために関係の無い者を巻き込むミュウツーに憤ったサトシ達は彼の元に向かう。 そんな中、ミュウツーの前に彼のオリジナルであるミュウが現れる。 自分の「本物」であるミュウに敵意を露にし、「本物」であるミュウと「コピー」の自分のどちらが強いかを決めようと戦いを挑むミュウツーに、ミュウはある提案を持ちかける。 それは、自分達だけでなくコピーポケモン達とそのオリジナルのポケモン達を戦わせることで「本物」と「コピー」のどちらが強いかを決めるというものだった。 (Wikipedia より引用) あらすじ 美しい高原の街「グリーンフィールド」に住む少女ミーはアンノーンの研究をしている父親のシュリーと共に暮らしていた。 ある日、遺跡の調査をしていたシュリーがアンノーンの空間に閉じ込められてしまい、行方不明となった。 父親が残した奇妙なカードをミーが並び替えた時、「アンノーン」達が出現し、彼女の感情を感じ取り、エンテイを生み出した。 声や雰囲気から父親がエンテイになって帰ってきたと思い、ミーは喜んだ。 一方、サトシたちも旅の途中でトレーナーのリンとのポケモンバトルを繰り広げ、ジョウト地方で女性が行きたい場所No. 1の「グリーンフィールド」を訪れていた。 突如グリーンフィールドがクリスタルで囲まれたことに困惑するサトシ達。 シェリーや娘のミーが気掛かりになったオーキド博士とハナコも現場に向かい、サトシと再会した。 その様子を見ていたミーは自分もママが欲しいとエンテイに願うと彼女の願いを叶えるため、ハナコを連れ去ってしまう。 グリーンフィールドの結晶化が進む中、ミーはサトシ達に両親が帰ってきたから来ないようにメールが来る。 それに疑問に思う一同であったがサトシはハナコを救うため、カスミやピカチュウ達と共にグリーンフィールドの中心に出来た結晶塔へ向かう。。 (Wikipediaより引用) あらすじ 現代の40年前の世界。 ハテノの森を訪れた少年・ユキナリは、森の中でハンターに追われていたポケモンに出会う。 そのポケモンは「セレビィ」といい、時を超える力を持つと言われるポケモンだった。 セレビィをハンターから守ろうとしたユキナリは、セレビィの力でセレビィと共に40年後の未来へタイムスリップしてしまう。 旅の途中でハテノの森を訪れたサトシ一行は、セレビィが時を越える際に起こる「森の声」という現象に遭遇。 程なくサトシ達は祠の前に倒れているユキナリを発見。 ハテノ村の長老トワ達に介抱されたユキナリはセレビィがいないことに気付き、サトシ達と共にセレビィを探しに向かう。 傷だらけのセレビィを見つけたサトシ達はトワの下へ戻ろうとするが、そこへセレビィを追っていたロケット団幹部・ビシャスが現れ、セレビィを捕えようと襲い掛かって来た。 ユキナリとの連携でビシャスのポケモンを撃退し、何とか逃げおおせたサトシ達は、生き物の傷を癒す不思議な力を持つ湖にたどり着き、そこで一夜を明かす事にする。 その後、サトシとユキナリは意気投合し、二人はセレビィとも仲良くなった。 だが翌朝、再びビシャスが現れ、セレビィはビシャスに捕らえられてしまう。 捕まえたポケモンに邪悪な心を植えつける特殊なモンスターボール「ダークボール」で捕獲されたセレビィは邪悪な心を植えつけられてビシャスの言いなりになり、森を破壊し始めてしまった。 ユキナリとサトシ達がセレビィを助けようと奮闘する中、伝説のポケモンスイクンが現れる。 サトシとユキナリはスイクンの力を借りてセレビィの下へと向かう。 (Wikipediaより引用)• ねっとりボイスが有名な曲。 個人的に一番好きな主題歌はコレ。 旅を続けるサトシ達一行は、水の都と呼ばれる美しい町「アルトマーレ」にやって来ていた。 サトシとカスミはこの時期に行われるアルトマーレの名物「水上レース」に参加する。 レース後に街を観光をしていると、サトシは女の子が襲われているところに遭遇する。 助けている途中ではぐれてしまうが、博物館で再び姿を見かけ追いかける。 不思議な壁を通り抜けた先の庭園で、その女の子は伝説のポケモン、ラティアスが変身していたと判明する。 ラティアスが姿を借りていた少女カノンと、その祖父ボンゴレに、この町に伝わる御伽話を聞かされると、サトシはこの町に忍び寄る不穏を感じ取る。 その裏では怪盗姉妹のザンナーとリオンが悪事を企てているのだった。 (wikipediaより引用)• ミュウと波導の勇者ルカリオの主題歌「はじまりのうた」はPUFFYさんが歌っています。 実はこの曲、体育祭のダンスのテーマ曲でした。 小4ですね。 準伝説のポケモンが何体も出てきてテンション高めだったことをよく覚えています。 数百年前、オルドラン城は戦争に巻き込まれる危機に瀕する。 城と運命を共にすると誓う女王の元から、その城に仕える波導使いアーロンは弟子のルカリオの元へと立ち去るが、戦いが始まろうとしたまさにその時、世界のはじまりの樹に光が灯り、戦いは防がれるのだった。 現代に至り、アーロンは城を守った波導の勇者の伝説として語り継がれ、オルドラン城ではその年の勇者を決めるためのポケモンバトルの大会が催されていた。 その大会へ参加したサトシは見事優勝し、優勝者にのみ握ることの許された「アーロンの杖」を手にする。 すると突然杖に光が灯りアーロンの弟子であったはずのルカリオが飛び出してきたのだった。 (Wikipediaより引用) あらすじ 盗賊団「ファントムトループ」を率いる悪名高い海賊「ファントム」は、ある日海底で1つのタマゴを手に入れるが、忍び込んでいたポケモンレンジャーの「ジャック・ウォーカー」(ジャッキー)により奪われる。 一方、サトシ一行は旅の途中でポケモンと心を通わすことができるという今では数少ない水の民の一族の末裔、ヒロミとその家族によるマリーナ一座に出会う。 たまたま一座と旅を共にすることになったサトシ一行だが、旅の途中ハルカは偶然にも不思議に光るマナフィの卵を発見する。 実はマナフィの卵をファントム一味から守るため、ジャッキーが密かにマナフィと関わり深い水の民の末裔であるマリーナ一座協力の下、ピエロとして隠れながらマナフィの卵を育てていたのである。 ハルカは不思議なポケモンの卵に興味を示すものの、マリーナ一座はこれを隠そうとする。 しかしある晩、マナフィの卵の不思議な力により、ハルカはかつて水の民がポケモンとの親交を深めるために建造した海底神殿、「アクーシャ」へと導くことを運命付けられたまだ見ぬマナフィの不思議な夢を見る。 この神殿に不思議な感覚を覚えたハルカはこれをマリーナ一座に話したところ、衝撃の事実を知らされる。 ポケモンと心を通わすことのできる水の民が誰でも1度は見るというこの夢にまつわる言い伝えを聞かされたハルカは、自らとマナフィの運命付けられた不思議なつながりに心をときめかせるのだった。 (Wikipediaより引用)• ONEを歌っているのはクリスタル・ケイさん 2番目に好きな曲です。 内容は忘れました。 旅を続けるサトシ一行の前に、見たこともない小さなポケモンが現れる。 それはかんしゃポケモンのシェイミであった。 グラシデアの花畑に行く途中迷子になったようで、自分を花畑に連れて行くようサトシ達に頼む。 しかし、突如シェイミが鏡の中に引き込まれ、同時にサトシとヒカリも引き込まれる。 その先には、見たこともない不思議な世界が広がっていた。 ムゲンの手助けもあり、何とか現実世界に戻ることができたサトシ達。 タッグバトルをしたトレーナーの案内で、遺跡に向かったサトシたちは、そこで時を司る神・ディアルガを呼び出す女性・シーナに出会う。 シーナからアルセウスについての言い伝えを聞いてた時、遂にアルセウスが長い眠りから覚め、人間を滅ぼそうと復讐のために現れる。 神と呼ばれるディアルガ、パルキア、ギラティナをも圧倒するアルセウスの前に困惑していた時、ディアルガが自身の力でサトシたちを過去へタイムスリップさせる。 そこでサトシたちはギシンという人物のポケモン 魔獣 のドータクンに催眠術をかけられ神殿の地下牢に閉じ込められる。 そこにはギシンに囚われていた言い伝えの人物・ダモスがいた。 そしてサトシはダモスとアルセウスの過去を、そしてこの事件の黒幕はギシンだということを知る。 一方シーナはギシンに命の宝玉を返すよう説得したがギシンは命の宝玉を抜いた杖をシーナに「君が返してくれ」と差し出した。 そしてとうとう約束の時間が来た。 サトシたちはダモスの仲間のギザミミピチューといっしょに行動していたピカチュウとポッチャマにより地下牢から脱出しアルセウスの元へ行く。 しかしそこで見たのは銀の水で身動きができず瀕死の状態のアルセウス。 それに呆然と立ち尽くすシーナ。 そして命の宝玉を握りしめ苦しむアルセウスを見つめるギシンの姿だった。 サトシはアルセウスを救うためギシンから命の宝玉を取り返しに向かう。 ダモスはシーナを間一髪の所で助け、シーナとの誤解も解け、アルセウスに訴えかける。 無事に命の宝玉を取り返しアルセウスの元へ行くが、アルセウスは動かず、しかもアルセウスが死ぬことでサトシたちがこの時代に来るという歴史もなくなりサトシ、ヒカリ、タケシ、シーナ、ピカチュウ、ポッチャマは今まさに消えようとしていた・・・。 (Wikipediaより引用) サッカーとバスケットボールの要素を織り交ぜた新スポーツ「ポケモン・バッカーズ」のワールドカップが開かれるクラウンシティを目指していたサトシ達は、その道中でヤルキモノの集団に追い詰められていたポケモン・ゾロアと出会う。 ゾロアはテレパシーを使い、「マァを助けに行く」とサトシ達に言う。 ピカチュウ達の説得もあって、サトシ達はゾロアに協力する事を決め、ゾロアと共にクラウンシティへと向かった。 しかしサトシ達がクラウンシティに着いた時、街の旧市街に繋がる橋が全て封鎖されていた。 伝説のポケモンであるライコウ・エンテイ・スイクンが悪のポケモン・ゾロアークに操られて暴れているのだという。 そこへ巨大企業コーダイネットワークの社長・コーダイが旧市街に立ち入らないようにとモニターで勧告を出していた。 しかし、その暴れているゾロアークこそがゾロアの探していた「マァ」だったのだ。 新聞記者のクルトの協力により旧市街に入る事ができたサトシ達は、そこで騒動の黒幕がコーダイであるという決定的な証拠を掴んでいく。 その途中で一行はコーダイの罠にかかり捕まってしまうが、コーダイの秘書として潜入調査していたクルトの仲間・リオカに助けられる。 果たしてコーダイのその邪悪な野望とは。 サトシ達はその野望を阻止できるのか。 そしてゾロアは無事にゾロアークと再会できるのか? (Wikipediaより引用).

次の

ポケモンソングリスト/ポケモンアニメ主題歌一覧

ポケモン 主題歌

Contents• 大ヒットを記録した『名探偵ピカチュウ』 人気ゲーム&アニメ「ポケットモンスター」シリーズをハリウッド実写化した映画 『名探偵ピカチュウ』 2019。 「デッドプール」シリーズで知られるライアン・レーノルズがピカチュウの声を演じたことも話題になり、当時ゲーム原作の映画としては過去最高となる興行収入を記録した。 2020年5月22日 金 には「金曜ロードSHOW! 」枠にて、日本で初めて地上波で『名探偵ピカチュウ』が放送される。 そこで、今回は『名探偵ピカチュウ』で使われた音楽に注目してみたい。 日本発の作品で、長い歴史を持つ人気シリーズとあって、その音楽も特徴的なものになっている。 『名探偵ピカチュウ』の監督を務めたロブ・レターマンとは『モンスターVSエイリアン』 2009 でタッグを組んでいる。 『名探偵ピカチュウ』では、ヘンリー・ジャックマンのポップかつ優雅なメロディが作品の舞台となるライムシティの雰囲気を演出している。 バーとカフェで流れるジャズ エンディングで最初に流れてくる曲は カイゴと リタ・オラが手がけた 「Carry On」。 『名探偵ピカチュウ』の挿入歌として制作された楽曲だ。 リタ・オラはイギリス出身のシンガーで、2012年にはリリースした3作が連続で全英チャート1位を獲得するという偉業を成し遂げている。 なお、リタ・オラは研究者のアン・ローラン役で本編にも出演している。 そんな二人が制作した「Carry On」では「あなたのために前に進む」という内容が歌われている。 Lil Uzi Vert」。 そして、ラッパーとして活躍するフィラデルフィア出身のLil Uzi Vertが客演として1ヴァース目をキックしている。 HONEST BOYZのメンバーのリリックは「君が焼くパンケーキ」「今日はママのバースデー」「思い思考はコンクリート」「そんな日々はロングキス」と、一般的な曲としても通用するフレーズが並んでいる。 だが、英語で歌われるLil Uzi Vertのヴァースでは、 「あなたが私を選んでくれたら、ずっと離れない」「炎と遊んでるやつもいれば」「海の下で暮らしてるやつもいる」「夕暮れにしか現れないやつも」とポケモンの世界観を歌い出し、 「でも私は他の誰とも違う、だって電気だからね」と明らかにピカチュウの立場でリリックを綴っている。 以上が、『名探偵ピカチュウ』で流れた音楽の詳細だ。 音楽の知識も得たことで、映画の内容も更に楽しめるようになるはずだ。 『名探偵ピカチュウ』オリジナルサウンドトラックはSMJから発売中。

次の

テレビアニメ

ポケモン 主題歌

ポケットモンスター(POCKET MONSTERS)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称であると同時に同作品に登場する架空の生物の総称であり、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。 「モンスターボールに入るとポケットに入るから、ポケモン」という愛称が付けられている。 最近はボカロとか歌ってるけど。 ホント柔軟な人だよ しかし名曲。 超名曲。 映画の出来も合間って感動してしまう 最後の方とかほぼ「ラララ」だけど。 それでも良い曲だ 映画もミュウツーの逆襲が何だかんだ一番好きです。 滅茶苦茶名作だと思う。 そしてミュウツーとかいう今でもワクワクする設定よ この記事の最後にもミュウツーの逆襲無料で見れる方法書いてあるんで、良かったらそこから見てみてください(もちろん違法試聴とかでは無いです!) 僕は見たら懐かしさとかの方で泣きそうになりました ポケモン世代なもので 追記:ポケモンを全て無料で見る方法 なんとAmazonがやっている「Amazonプライム」というサービスの特典の1つ「プライムビデオ」で ポケットモンスターが無料で見れます! 初期はもちろん、金銀~ダイヤモンドパール、劇場版まで全てです!• 久しぶりに少し見てみたい!• 有り得ない程お得なサービスなので是非どうぞ.

次の